機械式腕時計の不便な点

取り扱いに注意する必要あり

工場で大量生産されるクォーツ式の時計とは違い、機械式の時計は職人が一つ一つ部品を組み立てて作っているため完成品は芸術的な美しさがありますが、その分、価格が高くなり精度は技術の進歩によって上がってきてはいるものの、クォーツ式の時計と比べるとどうしても劣ってしまいます。また、精密な部品が数多く使われているので衝撃に弱くなっています。日常生活の中で机くらいの高さから落としてしまったり、扉にぶつけてしまったりといった衝撃でも、天真という髪の毛よりも細いパーツが壊れてしまって精度が狂ってしまうことがあるので普段から気を付ける必要があり、もしも故障した場合メンテナンスにかかる費用が高額になってしまうことが多いです。

使い続けないと止まってしまう

機械式の時計は巻き上げたゼンマイを動力源として動いているため定期的に巻き直さなくてはいけません。時計の種類によって一度の巻き上げによる駆動時間に差がありますが、自分の知らないうちに止まってしまい、正確な時刻が分からなくなりトラブルになってしまうことを防ぐためには毎日巻き直す必要があります。しかし、巻き上げすぎてもパーツに必要以上の負荷がかかってしまい破損の原因になってしまうので、丁度いい力加減を身につけるのにある程度の時間がかかります。 自動巻きの場合は腕の動きに応じてゼンマイが巻かれることで動力を確保していますが、腕につけていなかったり、デスクワークのような動きの少ない仕事をしていると十分に巻き上げが行われないことがあるので注意が必要です。